働き方改革で副業が当たり前の時代に!

hf9
2018年7月17日

こんにちは、冴子です。

副業で稼げるようになるとしなければならないのが確定申告ですよね。

マイナンバー制度が始まったことにより、副業の収入が役所に簡単にバレるようになりました。確定申告をしないと延滞税が加算されたり、本業の会社に副業がバレたりするリスクがあります。

副業の確定申告について調べていたら、凄く詳しく書いてあるサイトを発見しました!
参考になると思いますよ。
↓↓
日本最大級副業支援サイト自分のライフスタイルに合った副業を提案【SbiZ!】

最近は働き方改革なんていって副業をすることを政府が推進しています。働き方改革とは、一言でいえば「一億総活躍社会を実現するための改革」といえます。一億総活躍社会とは、少子高齢化が進む中でも「50年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で誰しもが活躍できる社会」です。つまり、労働力不足の解消の対策とも言えます。

日本の企業は副業を禁止している会社が多かったです。企業が副業を禁止する理由は、「本業と類似の業種だと、情報漏洩のリスクが高まる」「副業に注力することで、体力・集中力などが割かれ、本業がおろそかになる可能性がある」「副業が軌道に乗った結果、退職・独立につながり、せっかく育てた人材が流出するリスクがある」などがあります。

一方、企業が副業を解禁するメリットとして考えられるのは、「副業を認めることで、時間の有効活用や経済的余裕を持ちたいと考える従業員の満足度を上げたい」「本業に相乗効果のある副業を許可することで、従業員のスキルアップや、マーケティングなどの営業活動につなげたい」「終身雇用で従業員とその家族を企業が守り続けることが当たり前ではない時代であり、各自が次の道を拓けるようにしておきたい」などがあります。

副業禁止の会社でも、情報漏洩とか副業の影響で会社を休むとかなければ、法律上はOKということになります。最近はいろんな形の副業があるので、私も色々な副業をチャレンジしてみようと思います!